メニュー
トップ > IR情報 > IR基本方針
IR活動に対する当社の考え方
当社は、株主の皆様に対して、常に経営の実状と将来像を明確に伝える企業でありたいと考えております。経営者本人の口から投資家やアナリストに対して、経営ビジョン・経営戦略を語り、会社の将来についての質疑にも前向きにお答えする種々の説明会やミーティングを充実いたします。また、より多くの投資家の方に当社を理解していただくためにホームページの内容を充実してまいります。
公開情報の即時性、公平性
公平性当社は、特定の個人・機関に情報が集中しないように、公平な情報開示を行うと共に、その質量ともに投資家の信頼を得られる内容としてゆきます。所定の重要事実の開示はもとより、重要情報の適時開示を行い、投資家の方々の便宜に供してゆきます。
本ホームページの位置付け(当ウェブサイトにおける情報開示について)
ウェブサイトにおける情報開示によって、情報開示の即時性・公平性を目指すとともに、当社の事業の進捗状況や店舗の営業活動の状況をお知らせしてまいります。
アナリストや機関投資家に対する対応
アナリスト・機関投資家等との個別ミーティングで言及される情報は、すでに公開された事実、周知の事実あるいは一般的なビジネス環境などに限られます。未公開の「重要事実」などについては、当社は一切言及いたしません。また、アナリスト説明会(ラージ&スモールミーティング)に積極的に参加、開催いたしますが、未公開の「重要事実」などについて当社は言及することはありません。
沈黙期間
当社では、決算情報の漏洩を防ぎ、公平性を確保するために、原則として決算期日の翌日から決算発表日までを「沈黙期間」としております。この期間は決算に関連する質問への回答やコメントを差し控えております。 ただし、この沈黙期間中において、公表している業績予想に大きな変化(※)が生じる見込みが発生しました場合は、適時開示規則に従い適宜公表することとしております。 なお、沈黙期間中であっても、すでに公表されている情報に関するご質問等については対応いたします。

※売上高:上下いずれかに10%以上、経常利益または純利益:上下いずれかに30%以上
ページトップへ